ジグ・クラッシャーズロゴ JIG CRASHERS
難波IHC オールドタイマー メニューバー

ライン
ニューストピックス
ピックアップホッケー
パートナー&スポンサー
ジグワッペン
サイトマップ
サイトポリシー
お問い合わせ
スポーツ安全保険

パートナー&スポンサー

株式会社モトックス

ジンギスカンつる居

岡田歯科医院

株式会社パティネレジャー


株式会社イマジョー

株式会社エナジー





ジグ・ワッペン

ジグ・ワッペンについて

ジグ・クラッシャーズジュニアでは子供たちのモチベーションを上げる為や満足感を感じやすくするために、『ジグ・ワッペン』を取り入れています。

心・技・体』をベースにしたいくつかの項目を子どもたちが
できるようになったときスタッフから子供たちに
『ジグ・ワッペン』を渡します。いくつワッペンをもらえるかな!!
ジグ・ワッペン




  大きな声で挨拶・返事ができる。
  道具を手入れし、大切に使うことができる。
  自分で防具を運んだり、着替えたりできる。
  忘れ物をしない。
  積極的に取り組んで練習に参加している。
  チームメイトに思いやりを持って接し、協力的に活動している。
  お世話になっている人達にいつも感謝の気持ちを持って取り組んでいる。
  簡単にあきらめないでプレーできる。
  どんなドリルでも一所懸命に取り組んでいる。
  学校の勉強もしっかり頑張っている。(するべきことをしている)
  ホッケーノートをきちんと書き、復習・予習をしている。
  練習のドリルを理解してプレーできる。(集中できる)

技体1   ルックアップができている。
  フォアー、バックスケーティングができる。
  ストップができる。(左右どちらでも)
  ターンができる。(左右どちらでも)
  特殊なスケーティングができる。(タイトターン、トランジッション)
  カッティングができる。(左右どちらでも)
  フォアーからバック、バックからフォアーへの切り替えができる。
  自分の思い通りに動くことができる。
  ドリブルしながら自由に動くことができる。
  強くパスができる。(スタンディング、フォアー、バック)
  強くシュートが打てる。(スタンディング、フォアー、バック)
  肩口にシュートが打てる。
  動きながらパスができる。
  パスをもらうとき声がだせる。
  タイミングよくパスをもらうことができる。

技体2   動きながらシュートができる。
  ルールを理解できている。(オフサイド、フェイスオフのポジションetc)
  チームプレーができる。
  フェアープレーができる。
  味方を助ける声をだせる。
  味方を助けるプレーができる。
  状況に合わせたプレーができる。(1対1,2対1、3対2etc)
  ボードを上手に使ってプレーできる。
  シュート、パス、ドリブルの状況判断ができる。
  各ポジションを理解している。(センター、ウイング、ディフェンス、ゴールキーパー)
  各ポジションの役割を理解している。(ディフェンスマーク、センターマーク、ゴール前のマークetc)

※注)
・あくまでも個人の成長の目安として活用します。技術の優劣をつけるものではありません。
・上記はプレーヤー用ですがGK用も用意しています。
・本人、保護者の方にはどの項目に◎がついているかはお伝えしません。
 ご理解のほどよろしくお願いします。